FC2ブログ

記事一覧

ポンツァー博士の講演 その3

おそらく、ヒトは、エネルギー消費をアップさせる方向に進化することで、大きな脳を持ち、活発に身体を動かし、よく繁殖し、長生きすることが可能になってきたのでしょう。しかしその反面、飢餓に陥るリスクに晒されることにもなります。エネルギー消費量がきつく制限されているということは、これを増やすことができないだけでなく、減らすこともできないのです。動物によっては、エネルギーを節約するため冬眠するものまでいます...

続きを読む

ポンツァー博士の講演 その2

ヒトはごく最近農業を始めるまで長いあいだ、狩猟採集生活で生き延びて進化してきました。現在もほぼ昔ながらの狩猟採集生活を送っているハッザ族は、ヒトが本来どのくらいのエネルギーを使って生きてきたか知るための貴重な存在です。明らかに運動不足の私たち欧米人と比べて、当然、桁外れに大きなカロリーを消費しているだろうと思っていました。まず、この図は、欧米人で測定した、脂肪を除いた体重と二重標識水を使って実測し...

続きを読む

ポンツァー博士の講演 その1

4月にこのブログで「運動してもやせられない進化上の理由」や「ヒトが運動しなければならない進化上の理由」としてポンツァー博士の研究を紹介しましたが、そのポンツァー博士自身がしゃべっている講演のビデオがYouTubeに公開されています。さすがにこの分野の第一人者の話だけあって、わかりやすく、面白いのでここで紹介します。リンク先: https://www.youtube.com/watch?v=gnHg5P0pVJY&t=18s3年ほど前に行われた、人類の進化...

続きを読む

野菜の「進化」

野菜というのは、野生の植物を、ヒトが栽培したり、食べたりするのに都合良く品種改良したものです。いわば人為的に選択して、人工的に進化させたものですが、特にアブラナ科の野菜の中には、本当にこれが同じ種か?と思うようなのがあります。アブラナは「菜の花」とも呼ばれ、つぼみをおひたしにして食べたりしますね。例えば、学名 Brassica rapa という種には、次のような品種があります。Brassica rapa var. nippo-oleifera ...

続きを読む

おばあさん仮説とは

ヒトは進化の過程で、脳を発達させて、知能を武器に狩猟採集で生き延びてきました。その一方で、脳を納める頭のサイズが大きくなったため、他の動物に比べてお産が大変になってしまったことは前回お話ししました。ヒトの女性は、40-50歳代になると生理がなくなりますが(閉経といいます)、このような現象は他の霊長類にはありません。もちろん他の霊長類でも、加齢とともに徐々に生殖能力は低下しますが、ヒトのようなはっきりし...

続きを読む

プロフィール

ドクターS1

Author:ドクターS1
つくば市の内科クリニック副院長。専門は腎臓内科・透析医療。人類遺伝学(遺伝医学)の大学院で博士号取得。

ヒトの進化、特に疾患との関わりについて勉強したことを皆様にわかりやすくご紹介したいと思います。

最新コメント